はじめての方へ

新規会員登録

会員登録をしなくても商品をご購入いただけます。

  • 会員特典についてはこちら
  • サイトのご利用方法についてはこちら

お得な情報

  • 新規登録で500ポイントプレゼント
  • レビュー投稿で50ポイントプレゼント
  • 1個からでも送料無料の商品はこちら

営業日カレンダー

2017年6月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2017年7月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

※赤字は休業日です

更新日時:2015.07/09

ミネラルが大事?夏は特に注意したい水分補給


ミネラルが大事?夏は特に注意したい水分補給

暑さが感じられる季節になりました。
日差しが強く気温も高い夏は、一年のうちでとくに汗をかきやすい季節です。
普段カラダから出ていく汗には、水分だけでなくミネラルも含まれています。

今日は、そんな夏の水分補給とミネラルの関係について紹介します。

どれくらい汗をかいてるの?

どれくらい汗をかいてるの?

ヒトは寝ている間にもコップ一杯分(180ml)の汗をかくといわれています。
とくに夏場は何もしなくても1日で1L~3Lの汗をかくことがあり、激しい運動や高温の場所で仕事をする人は10L以上の汗をかくことも。

そもそも汗をかくのは体温調節機能によるもので、水分を蒸発させることでカラダを冷やす意味があります。
汗の成分の99%以上は水分ですが、残りのわずかな部分にナトリウムを主として、カルシウム・カリウムらさまざまなミネラルが含まれています。

ミネラルってなに?

ミネラルってなに?

ミネラル(無機質)は、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンと並ぶ5大栄養素のひとつです。
体液や細胞膜のバランスをたもつナトリウム、骨形成に必要なカルシウム、酸素を体中に運ぶ鉄などさまざまな元素を総称したものです。
生きていくために必須な栄養ですが、人間の体内で生成することが出来ないため、普段の食事などで補う必要があります。

体のバランスを保つミネラルが不足すると、骨粗しょう症(カルシウム不足)や貧血(鉄分不足)など、多様な症状が引き起こされます。
いわゆる「夏バテ」もミネラル不足からくる自律神経の乱れが一因となっています。

こまめに水分、そしてミネラルの補給を!

こまめに水分、そしてミネラルの補給を!

喉が渇くのは、その時点で水分が不足しているサインなので、喉が渇く前にこまめに水分補給をすることが大事です。

ただし、水分だけを補給するのはやめ、ミネラルも同時に摂取するようにしましょう。
水分だけを補給すると一時的に血液が薄まりのどの渇きもおさまって安心しがちです。

しかし、血液が薄くなると水分が過剰だと腎臓が勘違いし、せっかく取った水分は尿として排出されてしまいます。
1日に必要な食塩の摂取量は10グラム未満ですが、汗の成分の0.5%程度はナトリウムであり、1日に5~15グラムのナトリウムが流れ出ていることになります。
このことからもミネラルの補給が必要なことがわかります。

水よりも、ミネラル分が含まれている麦茶やミネラルウォーター、スポーツドリンクのほうが水分補給には適しているでしょう。
水を飲む場合も、市販の熱中症対策飴などと合わせると効果的です。

適切な水分、そしてミネラル補給で、夏を乗り切りましょう!

ページTOPへ