はじめての方へ

新規会員登録

会員登録をしなくても商品をご購入いただけます。

  • 会員特典についてはこちら
  • サイトのご利用方法についてはこちら

お得な情報

  • 新規登録で500ポイントプレゼント
  • レビュー投稿で50ポイントプレゼント
  • 1個からでも送料無料の商品はこちら

営業日カレンダー

2017年6月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2017年7月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

※赤字は休業日です

更新日時:2015.06/25

紫外線のロングUV-Aには【紫外線&コラーゲン】対策を!


紫外線のロングUV-Aには【紫外線&コラーゲン】対策を!

紫外線によってメラニンが生成されることも厄介ですが、それ以上に問題なのが紫外線により肌の内部にあるコラーゲンなどの成分がダメージを受けることです。

それにより、シワやたるみといった肌トラブルまで引き起こされてしまいます。

ロングUV-Aには要注意!

ロングUV-Aには要注意!

地表に降り注ぐ紫外線には、UV-AとUV-Bの二種類があります。
コラーゲンなどを破壊してしまうのがUV-Aです。
しかもその中でも、ロングUV-Aが肌にとって大敵と言われているのです。

まずUV-Aについてご紹介しましょう。
地表に届く紫外線のうちの約95%を占めるのが、UV-Aです。
UV-Aのパワー自体は弱いですが、照射量が多いのが難点です。

また、UV-Aには短い波長と長い波長があり、ロングUV-Aと呼ばれるものは肌の真皮と呼ばれる場所までダメージを与えることができます。
ロングUV-Aにより、肌のハリや弾力にとって欠かせないコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生み出す線維芽細胞がダメージを受け、これにより肌のたるみやシワが引き起こされるのです。

ロングUV-Aによるダメージは肌に赤みや炎症といった目に見える変化を起こしにくいため、ケアが遅れがちとなってしまいます

繊維芽細胞へのダメージは深刻

繊維芽細胞へのダメージは深刻

紫外線の影響を受けていない状態なら、体内で新しいコラーゲンが作られて、ダメージを負ったコラーゲンは排出されます。
しかし、ロングUV-Aによるダメージを受けてしまうと、正常な働きが出来なくなります。
ダメージを受けた線維芽細胞からは、弱いコラーゲンが生み出されてしまいます

また、細胞自体のパワーが落ちることで、肌のターンオーバーが乱れ不必要な角質がキチンと排出されにくくなるのです。
それにより、肌の透明感が失われくすみまでもが目立つようになるでしょう。

肌のたるみシワだけでなく、くすみや角質が厚くなることで乾燥といった肌トラブルまでも引き起こされてしまうのです。



コラーゲン対策を忘れずに!

コラーゲン対策を忘れずに!

紫外線の脅威から肌を守るためにも、日焼け止めや帽子、日傘、サングラスを使用した紫外線対策は欠かせません。
しかし、それだけでなくコラーゲン対策も行うことをオススメします。

コラーゲンは鶏の皮や牛すじ、フカヒレなどに多く含まれています。
こうした食品を大量に摂るのが難しい場合は、コラーゲンのサプリメントやドリンクなどを活用するのがいいでしょう。
サプリメントでコラーゲンを摂る場合は、身体に吸収されやすい低分子タイプのものを選ぶのがおすすめです。

特に低分子化された「トリペプチドコラーゲン」は、通常のコラーゲンと比較して約3倍の吸収率と言われています。
この夏、紫外線対策はもちろんのこと、コラーゲン対策までを考えたケアを取り入れてみて下さいね。

お肌ぷるぷる♪関節の痛みにも:N-アセチルグルコサミン+トリペプチドコラーゲン【凛】



ページTOPへ