はじめての方へ

新規会員登録

会員登録をしなくても商品をご購入いただけます。

  • 会員特典についてはこちら
  • サイトのご利用方法についてはこちら

お得な情報

  • 新規登録で500ポイントプレゼント
  • レビュー投稿で50ポイントプレゼント
  • 1個からでも送料無料の商品はこちら

営業日カレンダー

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
2017年11月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

※赤字は休業日です

更新日時:2015.04/23

季節の変わり目に多い「敏感肌」対処法は?

季節の変わり目に多い「敏感肌」対処法は?

普段はそれほど肌が弱いと思わないのに、季節の変わり目や体調を崩した時など、肌が敏感に傾いてしまうことはありませんか?
いつも使っていたはずの化粧品を使って、肌がピリピリしてしまったり、かゆみや赤みなどが出てしまったり

季節の変わり目は肌が敏感になりやすいものです。
その理由と、急に敏感肌になってしまった場合に心がけたいケアなどについてお伝えします。

季節の変わり目は肌が敏感になりやすい


季節の変わり目に多い「敏感肌」対処法は?

季節の変わり目は気温や湿度などが変化しやすいもの。
こうした変化に肌が対応しきれず、肌の水分と油分のバランスが崩れて乾燥しやすくなってしまうのが大きな原因です。

肌が乾燥すると、外部刺激から肌を守る「バリア機能」が低下します。
これによって、ちょっとした刺激にも影響を受けやすくなってしまうのです。

また、春先などは環境の変化やストレスなどによってホルモンや自律神経のバランスが崩れ、
ターンオーバーの周期が乱れやすい時期
でもあります。

ターンオーバー周期が乱れることにより、十分に育っていない角質層が表面に押し上げられる場合などもあり、これも肌のバリア機能を低下させ、 肌を敏感に傾かせてしまう原因となります。


敏感肌になってしまった場合の対処法


季節の変わり目に多い「敏感肌」対処法は?


肌が敏感になっている時は、普段なら刺激を感じない化粧水などが肌にとって刺激となり、しみやすくなってしまいます。

化粧水がしみたりピリピリしたりすると感じる場合は、化粧水や美容液など水分の多いアイテムを使ったスキンケアは控え、 クリームなどを薄く肌に伸ばし、肌のバリア機能を補ってあげることを心がけましょう。


敏感肌にはちょっとした成分が刺激になることがありますので、
化粧品は香料や着色料などの入っていない天然成分のものを選ぶようにすることを
お勧めします。

肌の状態が戻ってきても、急にいつものスキンケアに戻すのではなく、
しばらくはシンプルなスキンケアを続けて様子を見ると良いでしょう。


正常な角質層を育てるのが改善のカギ


肌が敏感になる原因はバリア機能の低下です。
乾燥などによって肌のバリア機能を担う「角質層」の状態が悪くなることで、肌が刺激に弱くなってしまうのです。

つまり、敏感肌の状態を改善するには、状態の良い角質層を育てることが大切だと言えます。
角質層を正常な状態に再生するには、肌のターンオーバーの一周期である約4週間が必要です。
その間、肌への刺激や負担となるケアはできるだけ避けながら、乾燥を防ぐスキンケアを心がけましょう。

また、ターンオーバーを整えるために、良質な睡眠や栄養バランスの良い食事を意識することも
大切です。
敏感に傾いてしまった肌をいたわりながら、じっくりと時間をかけて改善を目指していきましょう。

100%天然素材・潤いをたっぷり含んだ特許取得成分配合:フレガニックCCクリーム