はじめての方へ

新規会員登録

会員登録をしなくても商品をご購入いただけます。

  • 会員特典についてはこちら
  • サイトのご利用方法についてはこちら

商品検索

お得な情報

  • 新規登録で500ポイントプレゼント
  • レビュー投稿で50ポイントプレゼント
  • 1個からでも送料無料の商品はこちら

営業日カレンダー

2019年3月
24
25
26
27
28
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
2019年4月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

※赤字は休業日です

更新日時:2015.03/05

自分には何が合う?【シャンプーの種類と特徴】


毎日洗髪のために使用するシャンプー。
そのシャンプーは、大きく分けると3種類に分類されるってご存じでしたか?

それぞれ主成分が異なり、髪や地肌に与える影響も違ってきます。
各種類の性質をご紹介しますので、シャンプーを買い替える時の参考にしてみてくださいね。

高級アルコール系シャンプー


まずご紹介するのが「高級アルコール系」と呼ばれる種類です。
ドラッグストアなどで市販されているシャンプーのほとんどが、これに該当します
ちなみに「高級」と名前がついていますが、高級品と言うわけでなく成分名によるものなので
間違えないでくださいね。

高級アルコール系シャンプーは泡立ちに優れています
誰でも使いやすく、洗髪時間の短縮が可能に。
しかも価格が手頃で、どこでも売られているために買いやすい点もメリットと言えるでしょう。

しかしその反面、高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強すぎるという特徴があります。
洗浄力が強いということは、脱脂力も強いということ。

そのため頭皮の乾燥を招き、フケや皮膚トラブルの原因となってしまうのです。
肌の弱い人、乾燥しがちな人は使用に注意しましょう

もし高級アルコール系を使っていてトラブルが出た場合は、シャンプーの種類を見直すように
しましょう。

石鹸系シャンプー


次に「石鹸系」と呼ばれるシャンプーです。
その名の通り、洗浄成分に石鹸を使用しています
固形のまま使用するもの、液体になっているもの、商品ひとつで全身を洗えるものなどが存在します。

泡立ちはやや弱く、使用にはコツが必要です。
価格は比較的手頃で、天然成分が主となっているために環境に優しい点がメリットと言えるでしょう。

ただし脱脂力は高級アルコール系シャンプー同様、強いものとなっています
使用によって頭皮の乾燥や髪のパサつきを感じてしまうことも。

しかも石鹸をもととしていますから、その成分は「アルカリ性」となります。
私たちの肌や髪は弱酸性ですので、その性質ゆえに肌へ負担をかけることになります

特に敏感肌やアトピー肌など、肌のバリア機能が弱い人は注意が必要です。


アミノ酸系シャンプー


最後に紹介するのは「アミノ酸系」です。
比較的新しい成分のシャンプーで、肌に優しい商品として
注目されています


美容室で使われたり、高品質志向の商品によく見られます。
泡立ちは弱めで、高級アルコール系に慣れている人は洗い上がりに不満を
感じる場合もあります。
価格は比較的高く、店舗での販売数も少ないのが現状です。

しかしアミノ酸系シャンプーの最大のメリットは、肌に優しいこと
本来、私たちの体に必要な「アミノ酸」がもととなっていますから、肌へ
与える刺激が弱いのです。
洗浄力や脱脂力も弱めなので、肌にとって必要な脂や潤いを奪いません
乾燥しにくく、頭皮も髪もいたわることができるでしょう。

簡単にアミノ酸シャンプーを見分ける方法があります。
表示されている成分をチェックしてみて下さい。
「水」と書かれた後ろの5つの成分の中に、「ココイル…」「ラウロイル…」という表記があれば、
アミノ酸シャンプーと判断してほぼ間違いはありません。

ただ、あくまでも簡単な方法なので100%の保証は出来ない、ということだけご理解下さいね。
種類別にシャンプーの特徴を知っておけば、肌や髪にトラブルが起こった時でもすぐに対処しやすくなります。
地肌や髪の乾燥に悩んでいる人は、比較的肌に優しいアミノ酸シャンプーがおすすめ

それぞれの特徴を知り、自分に合ったシャンプーを見つけてくださいね!

髪のきしみ、肌の乾燥から守るアミノ酸系シャンプー:ナチュラルシャンプー【潤】

ページTOPへ